NEWS

一覧に戻る

2020.9.7

全9組のマニアが先生に! 日常にひそむ面白さを見つける「大人の学校」が開校

合同会社 別視点(本社:東京都中央区、代表社員:松澤茂信)は、JR西日本SC開発株式会社(大阪市北区梅田)が運営する大阪駅直結のファッションビルLUCUA osaka(以下、「ルクア大阪」)にて、全9組のマニアを講師に迎えるイベント「大人の学校」を2020年10月9日(金)〜11日(日)の3日間の日程で開催いたします。

合同会社 別視点は、「世の中に『別視点』を増やす。」をミッションに、独自の視点をもつマニアの協力のもと、観光ツアーやイベントを企画・実施してまいりました。

このたび、JR西日本SC開発株式会社との共同企画として、ルクア大阪のイベント枠「妄想ショップ」にて、「大人の学校」を開催いたします。

「大人の学校」とは

「大人の学校」は、授業形式のトークイベントです。「珍スポットマニア」「ファンシー絵みやげマニア」「大喜利マニア」など、全9組のマニアが講師となって、参加者に日常を楽しむ視点を伝える1時間の授業を行います。

 

「大人の学校」は、参加者が日常生活を楽しむ視点を得ることを願って企画したものです。

講師となる9組のマニアは、「顔出しパネル」や「道の駅で売っている手づくり土産品」、「変わった店主のいる店舗」など、日常で見過ごされがちなものごとに興味を持ち、観察しています。

参加者は、本イベントを通じてマニアの視点を得ることで、いつもの風景を違う角度から捉えることができます。これまで素通りしていた看板に面白さを見出したり、商店街のおもちゃ屋さんのショーウィンドウで見つけた昔のおもちゃが気になったり、毎日に新しい刺激が生まれます。

授業は全13回。たとえば、「ファンシー絵みやげマニア」こと山下メロさんは、「バブル期のカワイイおみやげ」というテーマで授業を行います。山下さんは、ポケベル、たまごっち、プリクラ、ギャル文化などのカルチャーを「平成レトロ」と提唱し、バブル~平成初期の文化を紹介する活動をしています。授業では、1980~90年代に日本中の観光地で売られていた漫画イラストが印刷されたキーホルダーや湯呑み、タペストリーなどの子ども向け雑貨「ファンシー絵みやげ」の研究を披露し「平成レトロ」の魅力を伝えます。

また、「珍スポットマニア」による授業のテーマは「はじめての珍スポット入門」。講師は、ちょっと変わった観光地(珍スポット)のwebサイト「東京別視点ガイド」編集長です。授業では、世の中に存在する、一風変わった館主たちが運営する観光館を紹介します。日本中・世界中の珍スポットを1000カ所以上巡り歩いたなかで出会った、選りすぐりの珍スポットの魅力や楽しみ方を伝えます。

合同会社別視点は、今後もトークイベントや展示即売会「マニアフェスタ」などの企画・開催を通して、身近なものごとを楽しむ新しい視点を提供してまいります。

「大人の学校」開催概要

日時:2020年10月9日(金)〜11日(日)
会場:LUCUA osaka(大阪府大阪市北区梅田3-1-3)
費用:1授業 1,000円(税込)
参加方法:事前予約制。LUCUA osaka「大人の学校」公式ウェブサイト( https://www.lucua.jp/mousou_shop/otona_school/ )より予約可能です。
主催:合同会社 別視点
※手指の消毒用に、会場の出入口に消毒液を設置しております。
※定員に達し次第、受付終了となりますのでご了承ください。
※今後の情勢により、イベントの内容や開催日時が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

◾企業情報
会社名:合同会社 別視点
代表者:代表社員 松澤茂信
創業:2018年7月
事業内容:イベント企画・制作、ツアー企画、Webライティング
所在地:〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1−7−11
URL:会社概要 https://betsushiten.com/
マニアフェスタ https://maniafesta.jp/
東京別視点ガイド http://www.another-tokyo.com/
お問合せフォーム:https://betsushiten.com/contact/